株式会社 カワショウ KAWASYO 下地補修工事

当社では、塗膜剥離から補修まで行っておりますので、迅速な作業が行えます。最新技術を取り入れ、環境にも優しい施工です。

躯体調査

外壁の劣化、モルタルやタイルの浮き部を目視または打診して補修箇所を確認します。

マーキング

躯体調査後、補修する箇所をマーキングします。

穿孔

マーキングした箇所をドリルで穿孔します。

清掃

ドリルで開けた孔の中の粉塵などをきれいに除去します。

樹脂注入

タイルやモルタルの浮き部に対し、樹脂を注入し補修します。

ピンニング

樹脂注入した後、ステンレスのピンを孔に入れ補強します。

Uカットシーリング補修

幅が大きいクラックに対しUカットで切り込みを入れ、切り込み部にシールを打ち補修する工法

鉄筋サビ止め

コンクリートが爆裂し、むき出しになった鉄筋に対し、錆止め剤を塗布し発錆を抑止します。

モルタル補修

欠損したコンクリート部をモルタル補修します。

タイル貼替え

クラックや欠損したタイルを貼替えます。

目地詰め

貼ったタイルに既存と同じ目地材を詰めていく作業です。

擦り込み

微弾性フィーラーやカチオンフィーラーをひび割れに沿って擦り込みます。